サブプライム問題

今更なのですが、今年最も為替界を賑わした「サブプライム問題」についてまとめておきます。

サブプライム問題 概要

信用力のある層は「プライム」と呼ばれていて、信用力のない層が「サブプライム」と呼ぶそうです。
その信用力のない層に対してお金を貸し付けしている、いわゆる高利貸しに近い形を行っていたのが今回問題になっている「サブプライム問題」です。

続きを読む サブプライム問題

相場予測2007.12.23

先週の為替の終値は、
ドル/円: 114.13/18
ユーロ/円: 164.00/05

先週の結果(07.12.17-07.12.21)

■ドル円
113.58売り→114.18 はずれ ;( -60pips

■ユーロ円
162.78買い→164.00 あたり :p +122pips

サブプライム・ローン関連で9-11月期決算で、1兆600億円の損失を計上した米大手証券のモルガン・スタンレーが、中国系の政府系ファンドから、5700億円の出資を受けたという発表がありました。
1兆円の損失出しても潰れない証券会社というのもすごいけど5700億円出資できてしまうファンドというのもすごいですね。
ドル円は木曜日まではたいした動きもしていなかったのですが、金曜日に一気に上昇してしまい、やられてしまいましたが、ユーロ円ではぼちぼち取れたのでよしとしますか。

今週の相場予測(07.12.24-07.12.28)

■ドル円

114.18売り注文
  リミット:112.68
  ストップ:115.28

■ユーロ円

164.48売り注文
  リミット:162.68
  ストップ:165.78

先週金曜日の上昇が今週も続くのかどうかというところでしょうが、今年も残すところあと僅かとなり、最後のひと頑張りと思って相場を張る方々が多くなるので、とんでもなく上昇したり、なんで?と思うような下げがあるかもしれませんがどうなることでしょう。
うまく乗れることを祈っています。

※この僕の立てた予測は、ファンダメンタル要素の強い指標と、テクニカル要素の強い指標により判断してます。
※ルールとしては、もしもこの注文でポジションが取れたとして、リミットにもストップにもいかなかったら、金曜日のニューヨークの終値または月曜日の始値で成り行き決済をします。

通算成績

2007年:18勝21敗 -40pips

利食い千両

利食い千両

「利益がのったら利益の確保を確実にすることが大事」と言う格言。
投資家の心理としては、「まだ上がるだろう」「上げるに違いない」と主観的な基準から儲けを逃がすことが、よくあります。せっかく利益が出そうでも絵に描いた餅では仕方がありません。確実に利益に換えることが大事だと思います。

相場予測2007.12.16

先週の為替の終値は、
ドル/円: 113.28/33
ユーロ/円: 163.46/51

先週の結果(07.12.10-07.12.14)

■ドル円
112.05売り→110.55 あたり :p +150pips

■ユーロ円
163.78売り→165.08 はずれ ;( -130pips

よく動いてくれましたね。ユーロ円がストップ狩りに遭ってしまったのが残念です。
12日のニューヨーク市場での各国協調資金供給(ドルの供給)という「サプライズ」の影響で市場心理が好転しましたが、いつまで続くかは疑問視しています。

今週の相場予測(07.12.17-07.12.21)

■ドル円

113.58売り注文
  リミット:112.08
  ストップ:114.68

■ユーロ円

162.78買い注文
  リミット:164.58
  ストップ:161.48

今週も俗に言うクリスマス相場ということで薄商いの中、値が飛びやすくなっているかと思われます。
ドル円は114円付近までは上昇するかもしれませんが、そこからはなかなか上がっていかないのではないでしょうか。
今週は米国大手証券会社の決算発表などがあるので、結果次第では値が跳ね上がったりしたら撃沈してしまうでしょう。

※この僕の立てた予測は、ファンダメンタル要素の強い指標と、テクニカル要素の強い指標により判断してます。
※ルールとしては、もしもこの注文でポジションが取れたとして、リミットにもストップにもいかなかったら、金曜日のニューヨークの終値または月曜日の始値で成り行き決済をします。

通算成績

2007年:17勝20敗 -102pips

相場予測2007.12.09

先週の為替の終値は、
ドル/円: 111.67/72
ユーロ/円: 163.67/72

先週の結果(07.12.03-07.12.07)

■ドル円
111.28売り→111.72 はずれ ;( -44pips

■ユーロ円
163.48売り→163.72 はずれ ;( -24pips

なかなか思っているようには相場は動いてくれないものですね。まだまだ安心はできないとは思うのですがサブプライムローン問題の救済策が発表されるなどが好感されたんでしょうかね、ドル円、ユーロ円ともに上昇してゆきました。

今週の相場予測(07.12.10-07.12.14)

■ドル円

112.05売り注文
  リミット:110.55
  ストップ:113.15

■ユーロ円

163.78売り注文
  リミット:161.68
  ストップ:165.08

今週は、なんといってもFOMC政策金利発表があるのでそれに伴って乱高下することが予想されます。そこをうまく取れればいいかと思います。
大分上昇してきているので調整局面が発生するかと思います。荒れる相場に狩られないことを祈って相場に挑んでゆきたいと思います。

※この僕の立てた予測は、ファンダメンタル要素の強い指標と、テクニカル要素の強い指標により判断してます。
※ルールとしては、もしもこの注文でポジションが取れたとして、リミットにもストップにもいかなかったら、金曜日のニューヨークの終値または月曜日の始値で成り行き決済をします。

通算成績

2007年:16勝19敗 -122pips

相場のことは相場に聞け

相場のことは相場に聞け

「今の相場がどうなっているか、相場は相場の動きそのものを示している」と言う格言。
世界中のいろいろな動きと共に投資家心理が反映されて、相場は形成されています。相場の加熱感や恐怖心から相場の行き過ぎがしばしば起こりますが、だからといって、相場にケチをつけても仕方がありません。
いちばん正しいのは今の相場なのです。

相場予測2007.12.02

先週の為替の終値は、
ドル/円: 111.13/18
ユーロ/円: 162.66/71

先週の結果(07.11.26-07.11.30)

■ドル円
109.48売り→110.58 はずれ ;( -110pips

■ユーロ円
163.18売り→162.71 あたり :p +47pips

難しいですね。思った以上に戻りが大きくドル円はストップまでいってしまいました。。アブダビ投資庁の出資のニュースなどでドルにやや安心感がでてきたのが好感されたんでしょうかね。でもまだ戻りの局面だと思っています。

今週の相場予測(07.12.03-07.12.07)

■ドル円

111.28売り注文
  リミット:109.78
  ストップ:112.38

十分戻しはされた。という印象を持っています。今週は下げるのではないでしょうか。

■ユーロ円

163.48売り注文
  リミット:161.38
  ストップ:164.68

やや薄商いの相場で値が飛びやすく難しいと思いますが、なんとか戦ってゆきたいと思っています。

※この僕の立てた予測は、ファンダメンタル要素の強い指標と、テクニカル要素の強い指標により判断してます。
※ルールとしては、もしもこの注文でポジションが取れたとして、リミットにもストップにもいかなかったら、金曜日のニューヨークの終値または月曜日の始値で成り行き決済をします。

通算成績

2007年:16勝17敗 -54pips

総て踏み出しは大切なり

総て踏み出しは大切なり

「投資では、買い建ちや売り建ちするポイントは重要なこと。つまり、仕掛けのタイミングこそが最も重要である」という格言。
確かに、建ち玉するポイントは重要です。でもそれ以上に、利食いや買い戻しを行う事の方が重要だと思うこともあります。大事なのは、マネーマネージメント。